読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容整形経過ブログ~鼻~

鼻中隔延長と降鼻術の日々の経過を記録した美容整形ブログです

鼻整形~手術後3日目~

手術後3日目です。

 

当初はこの日まで病院に通院予定でしたが、昨日の診察の結果

今日からしばらくは行かなくてよくなりました。

次に病院にいくのは8日目の抜糸の時です。

 

経過は相変わらずパンパンに腫れた顔と鼻周り目周りの内出血。

肌に触ると痛みもあります。

絵面が変わらないので今日は経過写真は載せません。

代わりにダウンタイムの過ごし方を。

 

外出

まず外出時ですが、こんな格好です。(モデル:くまさん)

f:id:biyoudiary:20170505080151g:plain

なぜ伊達眼鏡が必要かというと、鼻のギプスがおでこあたりまで

来ているので、マスクでは隠しきれずにギプス丸見え。

とはいえ、強く眼鏡をかけるとプロテーゼに影響したら怖いので

あくまで短時間・ふんわり掛ける程度にしています。

 

胡散臭さ120%ですが、幸いにも知り合いのいない(はずの)街なので

結構この姿で堂々と歩き回りました。

だって食料調達は必須ですもん。

ご飯はコンビニ弁当ではなく、スーパーのお総菜コーナーで買って

バランスよく多品種を食べるようには心掛けました。

せっかくの旅行だし本当は美味しいご飯処に行きたいんだけど、

マスクが外せないのでほとんど行けませんでした。

 

シャンプー

さて昨日の診察でシャンプーOK出ました。

ただし、「ギプス(顔)を濡らさないこと」

そこで登場するのが、ちゃらららん♪「シャンプーハット~」

 

大人用のシャンプーハットって探すとなかなか売ってないです。

事前にあちこち歩き回って探してやっと見つけたのが100均でした。

何十年ぶりでしょうね、シャンプーハット

使ってみると、意外と洗いにくい(苦笑)

ハットのヒラヒラがいい感じに邪魔でした。

 

身体を温めると腫れに良くないらしいので、

短時間でシャワーとシャンプーを済ませる必要もあり

ガッツリ念入りには洗えませんでした。

 

その他の時間

あとはひたすら寝る。手術で体力を使ったせいか、薬のせいか、

結構眠いです。

あ、ここで出発前にホテルにお願いした「枕2個」が役立ちます。

内出血や腫れが広がるのを防ぐため、頭を高くして寝ます。

 

それでも時間が余る一方。

持ち込んだPCで映画やドラマを見たり、

2ちゃんの整形スレに書き込みしたり(笑)

 

こうしてブログを立ち上げたのも、自分が手術前に情報を調べるとき

ネットで発信してくれてる人たちがいて役に立ったから。

だから自分も次の人へ返していきたい、というのがきっかけでした。

もちろん、あくまで素人のネット情報なので、情報を精査する目は

持つべきだと思っています。

 

鼻整形~手術後2日目~

手術後2日目です。

この日も朝から病院に行き、昨日と同様点滴。

先生のガーゼチェックと診察の結果、

もうあまり血が出なくなっていたので、ドレーンを抜くことに。

 

って肌に差し込んであるやつを抜くのすごい痛そうなんですけど。

私「痛いですか?」

看護師「そんなに痛いって言われないですよ」

私「・・・」

 

と会話しながら看護師さんはシュルシュルっと抜いていきました。

確かにあんまり痛くはないけど引っ張られる感じが怖かったです。

 

f:id:biyoudiary:20170504075747j:plain

というわけで、ドレーンが取れてガーゼも不要になりました。

オープン法の縫いあとも割とキレイでどこを切ったのかわかりません。

黒っぽいのは血ではなく糸です。

f:id:biyoudiary:20170504075947j:plain

 

腫れは相変わらずで、内出血していたところが

全体的に黄色身を帯びてきています。

 

洗顔×、入浴×、シャワーOK、シャンプーOKでました。

薬は抗生剤と痛み止めが出てますが、

痛みが無ければ抗生剤だけ飲めばいいですよ、と言われ

この日の午後から痛み止めは飲まずに過ごしました。

 

鼻整形~手術後1日目~

手術後1日目です。

この日は朝から病院に行きました。

点滴を30分ほどして、昨日からためていた使用済みガーゼを提出。

ガーゼの血液量を見て、ドレーンを取るか判断してるようです。

先生の診察が終わりそのまま帰宅。

f:id:biyoudiary:20170504074156j:plain

鼻のところの茶色いテープは、その下にギプスが付いていて

それを留めるために貼っています。

が既に脂で浮いてきてます。

 

写真は目を隠しているので大変わかりづらいのですが、

状態としては二重の目が一重の半開き状態。

さらに涙袋が消失するほど、目の下あたりが腫れでパンパン。

また目頭あたりは内出血しています。

 

痛みは薬のおかげでほとんどありませんが、

肌に触れたりすると痛みは当然あります。

 この日も痛み止めと抗生剤を服用しました。

 

さて相変わらず洗顔は出来ません。

というか抜糸する8日目まではギプスがついてるので洗顔不可ですが

とてもじゃないけどお肌に悪すぎて我慢できない。

 

こんな時のための持ち物。ちゃらららん♪「ハンドタオル~」

これで蒸しタオルを作って、鼻以外を拭いていきます。

ただし、頬に触るだけでも痛いので、優しーく優しーく。

 

ちなみに電子レンジがないので、手で触れる程度に熱いお湯で

タオルを濡らして絞るだけの簡易蒸しタオルです。

もし自宅でダウンタイムを迎えられるなら電子レンジが便利です。

 

鼻整形~手術当日~

手術日当日です。

さきほど病院から戻りました。時間は夕方前。

現在の状況はこんな感じ

f:id:biyoudiary:20170504013402j:plain

朝からの記録です。

 

昨夜から緊張でほとんど眠れなかった私は、

これからしばらくは入れないこともあって、朝早くからお風呂。

 

朝9時半に到着。手術着一枚と紙パンツに着替え、スリッパを履きます。

すっぴんで行きましたが、念入りに洗顔します。

 

そのあと、看護師さんに座薬2つと手袋を渡されました。

初座薬!

抗生剤と痛み止めの座薬だそうで、これを入れてください、と。

私「ふ、2つもですか?」

看「はい」

私「入るんですか!?」

看「大丈夫ですよ」

 

というわけで初座薬。にょるんと案外大丈夫なもんですね(笑)

前日に聞いていたので、ネットで入れ方調べておいてよかった。

 

そして先生が登場。希望の変更ないですよね、気分大丈夫ですか?など

声をかけながら、顔に油性ペンでマーキングしていきます。

 

診察台に横になり、寒さと怖さで若干震えながら待っていると

看護師さんが点滴を刺してくれました。

これは安定剤?のようなものらしいです。

傍らでは身体中に電極をつないで心電図とか心拍を取ってます。

 

先生再登場。

先生「気分悪くないですか?震えてますね、怖くないですからね~」

私「怖いっす(涙)もう始まりますか」

先生「いや、まだもうちょっと」

という会話をしながら待つこと数分。

頭の上から先生の顔が見えて、マスクのようなものが近づいてきて

先生の「眠くなりまs・・」までで記憶ナシ。

 

・・・・・・・

 

起きたら手術台の上で、「終わりましたよ」の声で目覚めました。

看護師さんに支えられながら点滴は付けたまま回復室に移動します。

意外と足元もしっかりしてて恐れていた吐き気もありませんでした。

痛みも特に感じず。違和感というか顔面の重さのようなものだけ。

 

回復室のベッドがふっかふかで気持ち良くて、

しばらく横になっているうちに元気になってきました。

 

もう大丈夫そうなので看護師さんに声をかけ、

咽が異常に乾いたのでポカリ的なドリンクをいただき、

痛み止めと抗生剤の薬と一緒に飲みました。

 

そして先生がまた登場。

先生「やりやすい鼻でしたよ~。予定よりも手術が早く終わりました」

私「?(・・・やりやすい鼻って何ぞ?)はい、ありがとうございます」

 

手術着から私服に着替える時に、顔を通さず着替えるための前開き服が

ここで役立ちます。被って着る服とか怖くて絶対ムリ!

 

その後、手術後の通院日程を書いた紙と薬をもらって帰宅。

薬は抗生剤と痛み止めが5日分。

それと抗生剤入り軟膏7日分と消毒液2週間分。

軟膏は縫い糸の上から塗ります。

消毒液は、綿棒につけて鼻の中をグルッと一周させます。

 

タクシーで帰ろうかとも思いましたが、かなり元気だったので

電車で普通にホテルまで帰って来られました。

 

その時に必要なのが、

  1. マスク
  2. ツバ付の帽子
  3. 伊達眼鏡

これがないと、さすがに人前を歩けません。

 

さてホテルに帰ってきてひと眠りした後の写真が

冒頭の写真です。

ガーゼの中はグロなので写真は自粛しますが、

ド下手を承知でイラストにすると下記の感じです。

f:id:biyoudiary:20170504013403j:plain

鼻の内側から、ドレーンという楊枝より細いストロー状のものが刺さってて、

これを伝って血が出てきます。

血を受け止めるためにガーゼをつけています。

だからガーゼを定期的に取り換えないと血だらけです。

 

この日は洗顔×、お風呂×、洗髪×

痛みはありますが、痛み止めのおかげで我慢できないほどじゃなく

何となく鈍痛が顔全体にある感じでした。

美容整形手術前日

f:id:biyoudiary:20170504004953j:plain

さて、前日です。朝から飛行機でブーンと現地入り。

 

前回持ち物を書きましたが、私は自分のノートPCも持っていきました。

だってビジネスホテルに缶詰めなんてやることないし。

あと本を数冊。

 

午後に病院に行き、最終的なデザインの打ち合わせと注意事項を聞きました。

特に今回は全身麻酔のため食事に関する注意事項もいくつか。

  1. 夕飯は20時までに食べ終える。そのあとは手術終わるまで食べちゃダメ。
  2. 飲み物は24時までが最終。以降は水もダメ。
  3. お酒は厳禁(←当たり前か)煙草ももちろんNGね。
  4. 手術当日はすっぴんで来てね。
  5. 着脱しやすい洋服(つまりボタン付の服)を着てきてね

ちなみに翌日の手術開始は午前10時です。

 

買い出し

さて前日の打ち合わせが終わった後は暇なので買い出しに出かけました。

必要なものは前回のブログに書きましたが、その他の現地調達物です。

 

ビジネスホテルは冷蔵庫アリ、冷凍庫ナシ、電子レンジナシ、です。

手術後しばらくは買い物も満足に行けないだろうから、食べ物を買っておきます。

 

以下は私が現地で買ったもの

  1. シリアル(フルグラが好き)
  2. ビタミンBと亜鉛のサプリ(傷の回復にいいと何かで読んだので)
  3. 牛乳、ココア(紙パックのやつ)
  4. 数日分の水等の飲み物
  5. 野菜ジュースとかスムージー
  6. 手術後に食べる用のおにぎりとおかず(冷めても食べられる野菜類中心)2食分
  7. 使い捨てのコップ、紙皿、箸、ストロー、スプーン

ストローは買って正解です。術後は飲み物飲みづらいですよ。

術後はできるだけ栄養を取りたいけど、

全身麻酔の副作用で食欲が全く出なかった人のブログも見たので、

念のためにスムージーも買っておきました。

 

あと、ホテルと話しておいた方がいいのが掃除ですね。

通常毎日清掃が入ります。ですが日中は部屋にいることが多いので、

あらかじめその旨を伝えておくと、在不在の伝達方法について

相談に乗ってもらえるので、後々スムーズでしょう。

 

次回いよいよ、手術当日です。ドキドキして眠れない前日でした。

 

広告を非表示にする